猿田彦

日本神話に登場する猿田彦神。天孫降臨の際に天照大神に遣わされたニニギの尊を道案内した国津神。中世に道祖神と結びついた。

続きを読む
お知らせ
ふれあい能楽セミナー開催のお知らせ

今年の7月に栗原文化会館において「栗原能公演」(出演 能・小島英明氏、狂言・野村萬斎氏)が開催されます。その事前セミナーとして「ふれあい能楽セミナー」を開催いたします。 ・日時 3月24日(日)開演13:30(開場13: […]

続きを読む
作品
小喝食

禅僧の食物の給仕や雑用をしていたので喝食。前髪の銀杏型の大小で大喝食・中喝食・小喝食がある。女の子のような美少年。

続きを読む
作品

カエルに似た表情なので蛙(かわず)という名前がついています。物言いたげな口元と大きく見開かれた眼は、冷たい刃を浴びて驚く一瞬の表情をとらえたものです。

続きを読む
作品
痩男

男の幽霊に使用します。地獄の苛責に苦しみ、やつれきった死相を的確に表現している面です。

続きを読む
作品
一角仙人

鹿から生まれた一本の角を持った仙人。能、一角仙人専用面。

続きを読む
作品
若女

理知的な憂いを含んだ若い女面です。

続きを読む
作品

眉、眼を怒らし口をカッと開いて上下の牙を露わにし怒号するような激しい表情の面です。顰(しかみ)という名前は顔を「しかめる(しかみる)」から来ています。阿吽の阿の表情。

続きを読む
作品
賢徳

瞳孔が斜め上を睨んでいるのが特徴的な面です。動物を人格化したとぼけた面でこれが黒頭をつけると馬にも牛にも犬にも見えるから不思議です。

続きを読む
作品
嘯吹

「うそ」とは口笛のことを指します。口をすぼめて「うそ」を吹いている形が特徴で斜め上を睨むまん丸な目もひょうきんな印象を与えます。 植物、昆虫、魚類などに使われますがそれらしく見える抽象的造型をしています。

続きを読む