女面

作品
深井

小面や増女より心の葛藤、深い思いを秘め、さみしげな表情をたたえている。狂女物に使用される中年の面。

続きを読む
作品
深井

小面や増女より心の葛藤、深い思いを秘め、さみしげな表情をたたえている。狂女物に使用される中年の面。

続きを読む
作品
若女

理知的な憂いを含んだ若い女面です。

続きを読む
作品
若女

理知的な憂いを含んだ若い女面です。

続きを読む
作品
小面

可憐にして端正、中世の最も若き美しさを秘めた能面の中でも代表的な女面。小面の「小」は可憐や可愛いという意味。

続きを読む
作品
曲見

中年女性の地合いや淋しさを感じさせる面。あごがやや前にしゃくれているところから「曲見」と言われる。

続きを読む
作品
小姫

若い女性の面としては「小面」が代表的だが、「小姫」は能が確立する以前の面で女面の原点と言われている。明るく華やかな面。

続きを読む
作品
小面

可憐にして端正、中世の最も若き美しさを秘めた能面の中でも代表的な女面。小面の「小」は可憐や可愛いという意味。

続きを読む
作品

「高砂」に登場する神の化身である。老爺(ろうや)と老婆(ろうば)を尉(じょう)と姥(うば)と呼ぶが、その姥の面である。

続きを読む
作品

「高砂」に登場する神の化身である。老爺(ろうや)と老婆(ろうば)を尉(じょう)と姥(うば)と呼ぶが、その姥の面である。

続きを読む