作品
石王尉

石王兵衛と言う作者からついた名前。舞を舞う老体の神や老いた草木の精霊の役に使用。

続きを読む
作品
怪士

「船弁慶」の亡霊の役や闇の生んだ妖怪「鵺」の前シテに使用される。

続きを読む
作品
朝倉尉

作者「福来」が仕えていた領主朝倉敏景に献上したところからの名前。親しみやすい庶民的な相貌の面。

続きを読む
作品

「高砂」に登場する神の化身である。老爺(ろうや)と老婆(ろうば)を尉(じょう)と姥(うば)と呼ぶが、その姥の面である。

続きを読む
お知らせ
能面展開催のお知らせ

夢玄面友会(能面教室夢玄房)の能面展を開催します。

●場所 宮城県栗原市 栗原文化会館
●期間 2023年8月24日(木)〜27日(日)
●時間 24~26日 10:00〜17:00 27日最終日 10:00〜16:00
●入場無料

続きを読む
作品

「高砂」に登場する神の化身である。老爺(ろうや)と老婆(ろうば)を尉(じょう)と姥(うば)と呼ぶが、その姥の面である。

続きを読む
作品
小面

可憐にして端正、中世の最も若き美しさを秘めた能面の中でも代表的な女面。小面の「小」は可憐や可愛いという意味。

続きを読む