能面

作品
登髭

老人の相を象徴化した面で額や頬にしわが多く笑みを含む。頬髭が上に登るように植えられているのでこの名称がある。神や植物の精等に用いられるが用途は少ない。もっぱら間狂言の末社の神に使用されるので全体の印象に品位が感じられる。

続きを読む
作品
般若

能面といえば般若を連想するほど、代表的な面であるが、女性の嫉妬、恨み、悲しみ、怒り、母なる心の情念を凝集した面。

続きを読む
作品
十寸髪

中年に近い美しい女性が苦悩する相貌を写した面。釣り上がり気味の目と乱れた髪、額と頬にえくぼ、眉間に刻まれた四筋の皺など、狂乱のカケリ、神がかりの女性などの役に相応しい面。「増髪」「十寸神」とも書く。

続きを読む
作品
山姥

山姥は一般的には山に住む鬼女の事を言いますが、能においては超人的な山そのものの精と言った象徴的な意味を持ちます。

続きを読む
作品
深井

小面や増女より心の葛藤、深い思いを秘め、さみしげな表情をたたえている。狂女物に使用される中年の面。

続きを読む
作品

カエルに似た表情なので蛙(かわず)という名前がついています。物言いたげな口元と大きく見開かれた眼は、冷たい刃を浴びて驚く一瞬の表情をとらえたものです。

続きを読む
作品
一角仙人

鹿から生まれた一本の角を持った仙人。能、一角仙人専用面。

続きを読む
作品
若女

理知的な憂いを含んだ若い女面です。

続きを読む
作品

眉、眼を怒らし口をカッと開いて上下の牙を露わにし怒号するような激しい表情の面です。顰(しかみ)という名前は顔を「しかめる(しかみる)」から来ています。阿吽の阿の表情。

続きを読む
作品
賢徳

瞳孔が斜め上を睨んでいるのが特徴的な面です。動物を人格化したとぼけた面でこれが黒頭をつけると馬にも牛にも犬にも見えるから不思議です。

続きを読む