釣眼

釣眼(つりまなこ)。大きく見開かれた両眼、左右に開かれた口、大きな鼻が特徴的な面です。竜神や蔵王権限(ざおうごんげん)など大きな力を持つ神の面として用いられます。

大飛出と同類の面ですが大飛出に比べ落ち窪んだ目元やむき出しの上下の歯、骨ばった頬をしており、怪奇な印象の面です。

  • 使用される演目:嵐山、竹生島 等
  • 関連:大飛出

tsurimanako-5

tsurimanako-3

tsurimanako-2

tsurimanako-4

tsurimanako-6

tsurimanako-1