長霊べし見

長霊癋見(べし見)。平安時代末期の伝説的盗賊で、牛若丸に打ち取られた「熊坂長範」がモデルの面です。

  • 使用される演目…熊坂、烏帽子折、橋弁慶など

choureibeshimi-2

   choureibeshimi-4  choureibeshimi-7

choureibeshimi-5

choureibeshimi-1