孫次郎

金剛右京久次(俗名)孫次郎が若くして亡くした妻の面影を偲んで打ったと伝えられる面です。

孫次郎

孫次郎

孫次郎